合同説明会に参加する際の服装マナー

バナー

合同説明会に参加する際の服装マナー

合同説明会に参加する際にはくれぐれもマナーに注意をしなくてはなりません。

出展している企業がジーンズにTシャツ、スニーカーに金髪という格好で参加している学生をみれば間違いなく「この学生は何をしにきているんだ」と疑問を持つことでしょう。
実際にはこういった格好で合同説明会に参加する学生などほとんどいませんが、それでもマナーとして見れば若干問題のある学生はどのような合同説明会にでもいます。では合同説明会に参加する際の服装マナーとして心得たいのは何かというと、まず基本となるのは清潔感です。

合同説明会情報がさらにわかりやすくなりました。

出展企業からすれば就活生に対しては若々しいフレッシュさを求めていることがほとんどです。


地味に見えるリクルートスーツも、ぴかぴかの履き慣れていない革靴も、汚れていないビジネスバッグも基本的に好印象を与えるグッズになりますから、まずはこういった基本を押さえてください。

次にチェックしたいのがネクタイや腕時計といった小物類ですが、これも基本は清潔感のある定番アイテムです。

ネクタイはキャラクターや企業ロゴといった派手なものではなくストライプやドットといった定番の柄で、色も青や赤といった定番カラーが無難です。



個性を出すために多少色が派手になったという程度なら容認できますが、企業ロゴが入っているものだと場合によっては企業にとっての商売敵のことがありますから、そういったものは避けましょう。腕時計も基本はビジネスシーンに合ったもので、一本数万円もするようなブランドウォッチは必要ありません。


ブランドものでも上品でビジネスシーンに合うものなら良いですが、スポーティーすぎるものなどは避けた方が良いでしょう。



合同説明会に参加する際の服装としてはこういったところを押さえておけばおおよそ問題はありません。
ただ不安があるならば社会人として働いている家族や先輩に見てもらって、アドバイスをもらうようにしましょう。

Copyright (C) 2017 合同説明会に参加する際の服装マナー All Rights Reserved.